officer message専務インタビュー

チームプレー
多様な働き方で、
「人」
を大事にする会社へ 専務取締役 中野 克彦

interview 01 中野運送株式会社では「人」を大事にする会社と聞きましたが、
具体的にはどういう取り組みをされてますか?

弊社ではパートを含め多くのスタッフが在籍していますが、ひとりひとりに至るまで、何か不都合なことはないか、あるいは何か言いたいけど言いにくそうにしていないかなどを常に気にしあっているという社風があります。
「今日は〇〇さんが元気がない」 「今日は〇〇さん、元気やねぇ」と言った感じの言葉がどこからともなく周辺から出てきます。
また、子供がまだ小さいご家庭の場合、子供の急な発熱等で仕事を急きょ休まねばならない場合もあると思います。弊社ではそのような連絡があった際には「気持ちよく休んでもらおう」という心で接するようにしております。休む側も休み辛い中連絡をしてきているので、追い打ちをかけるような言葉をかけないよう皆で協力しております。
皆で互いを理解しあう雰囲気の醸成こそが弊社の「人を大事にする」社風に通じているのだと思っております。

interview 02 スタッフの働き方も多様だと聞きました。苦労している点はないでしょうか?

弊社は庫内作業が多くそのためパートさんが多く在籍しております。
皆さん限られた時間の中で働ける時間で働きに来ている方がほとんどです。
弊社ではパートの場合、週1日、1回3時間以上の勤務ができれば、勤務条件面では雇用OKとしています。
そのため、日々10人の出勤人数でも倍の20人でシフトをまわしていたりしますのでやはりシフト組作業が煩雑になり大変です。
しかし会社でその手間をかけるからこそ、パートの働きやすい環境を作れていると思います。
シフトを作成する社員のリーダークラスは大変ですが、この大変な作業も弊社の誇る「技術」だと思っています。
今後はその「技術」を次世代へつないでいき、育成していくことが重要と考えております。

interview 03 御社を志望しようとされる方に何か言う事はありますか?

弊社ではチームプレーを大事にしています。しかしチームプレーをするためには互いの個性や性格をある程度認めあうことが必要です。例えば、作業のスピードは速いけど間違いが多い人と作業スピードはゆっくりだけど間違いが少ない人とでは、どっちが優れているとは一概に言えません。
スピードと丁寧さの両方が仕事では必要なのです。スピードが速い人が偉いわけでも遅い人が悪いわけでもないのです。互いに「自分に無いモノを持っている」ということを認め合うことができる心を持った方に来て頂きたいと思っています。
弊社では、コツコツ、まじめに働く方も大歓迎です。
逆にNGなのは、自分勝手な考えで動く方や周囲の方の気持ちを慮ることができない方は弊社の社風に合わないと思います。
合いそうだなと思う方は、是非求人の際にご応募下さい。

Recruit 採用情報

福利厚生 WELFARE

キャリアアッププランや「風通しのいい社風」を目指す様々な取組をご紹介します。

募集要項 RECRUITMENT

あなたの持つ能力が、中野運送にとってとんでもない戦力ないなるかも。まずは、募集内容をこちらからチェック。